正しい育毛シャンプーを選んでいますか?

育毛シャンプー選びのポイントは?

ヘアサイクルに合わせてお手入れ

日々の頭皮ケアと育毛生育に効果的な成分の作用により進められる育毛シャンプーでの洗髪。

 

この毎日の作業の積み重ねにより頭皮環境を健康にしていくことが育毛シャンプーの目的です。

 

毎日使うものであり、また育毛という大事な目的のもとに使用するわけですので、その選び方には充分留意したいところです。

 

ここで選択を誤ってしまうと頭皮と毛髪に無駄な悪影響を与えてしまうことにもなりかねません。

 

育毛という目的に適したもの、また自分の薄毛の原因に沿ったものを選ぶ必要があるのです。

 

最初に留意すべき点としては、何と言っても頭皮と毛髪に悪影響を与えるものを避けることです。育毛シャンプーと銘打たれているものはだいたい低刺激を謳って造られています。

 

しかし、中には頭皮や毛髪に悪影響を与える成分が配合されている場合もあり、注意が必要です。特に、界面活性剤に高級アルコールが使用されているものは、洗浄力が抜群にいい分頭皮に過剰な刺激を与えてしまいます。

 

高級アルコール成分とわかる成分表記とは以下のようなものです。

 

・ラウリル硫酸系
・ラウレス硫酸系
・スルホン酸系

 

など。ゆえに、このような高級アルコール成分を使用されていない石鹸系・アミノ酸系のシャンプーを選ぶことを大前提としたいところです。その中でも特に選ぶのに注意したいポイントがいくつかあります。

 

総じて髪を育てることを推し進めるような構造になっているものを選ぶとよいわけですが、育毛シャンプーにもそれぞれに特徴がありますからその部分を重視しましょう。

 

男性用と女性用で見分ける

男性と女性では薄毛の原因が大きく違うことがあります。特に、男性の薄毛の原因に多いAGAは男性ホルモンの作用によるもので、男性用にはそのホルモン生成を抑える効果があるものが多いのですが、これを女性が使用しても特に効果が出るものではありません。

 

また、分泌皮脂量や頭皮の質も男女差があり、男性用のものを女性が使うと若干刺激が強い場合もあります。

シリコン剤などが配合されていないものを選ぶ

シリコン剤とは、通常のシャンプーによく配合されているコーティング剤です。特に女性用シャンプーには、髪の指通りをよくするために傷んだ髪の上からコーティングをして滑らかにするためのシリコン剤が多用されています。

 

しかし、この物質は毛穴の詰まりを誘発させ、毛髪の生育自体をストップさせてしまう危険性があります。育毛シャンプーにシリコン剤が使われているのは論外ですが、念のため「ノンシリコン」を謳っているものを選ぶとよいでしょう。

洗浄力だけに特化せず保湿などにも配慮されたものを選ぶ

薄毛の原因は皮脂の詰まりだとお考えの方も多いでしょう。確かに一因ではありますが、一概にそれだけが原因ではなく、また過剰に皮脂を除きすぎると余計に皮脂分泌が活発になり、脂漏が生じてしまいます。適度に皮脂を残した上、頭皮に潤いを与えるものが最適です。

 

シャンプーには様々な特徴がある

このサイトでは、お悩みを抱えておられる方が多いであろう薄毛について、有効な方法を探るために情報を掲載しています。

 

特に、日ごろからできるケアとして育毛シャンプーについての情報を集めました。

 

しかし、今は薬局やドラッグストア、またインターネットなどでもたくさんの種類があり、一体どれを選べばよいのかよくわからないということが多いのではないでしょうか?

 

そこで、育毛シャンプーを選ぶにあたってどのようなポイントに着目すればよいかを考察しています。育毛シャンプーと一口に言っても全て同じような効能を持つものではなく、薄毛に悩むそれぞれの方の原因や体質などに合わせて適切な選び方を考える必要があります。

 

まずは、ご自分の薄毛の原因がどのようなものであるかを把握した上で当サイトをご覧ください。その原因と育毛シャンプーのそれぞれが持つ特徴を照らし合わせれば、おのずと選ぶべきものが見えてきます。

 

当サイトで紹介している情報は極力信頼できるものを収集していますので、育毛シャンプーについて迷っておられる方が少しでも参考にして頂ければと思います。